ビットトレード(BitTrade)の特徴と口座開設手順、ユーザーの生の声をご紹介!

ビットトレード(BitTrade)の特徴と口座開設手順、ユーザーの生の声をご紹介!

0.0001BTC(2018年4月現在 約75円)から取引が可能な取引所!

・ビットコイン(BTC)
・リップル(XRP)
・ライトコイン(LTC)
・イーサリアム(ETH)
・モナコイン(MONA)
・ビットコインキャッシュ(BCH)
計6種類の通貨を取り扱っています。

また、モナコインとビットコインキャッシュに関してはビットコインを使っての取引も可能です。

✔描画ツールを豊富に用いた分析ツールは業界トップクラスの機能充実度
初心者にも玄人にもおすすめ!

目次

【2018年最新版】BitTrade(ビットトレード)の口座開設手順

BitTrade(ビットトレード)の口座開設の流れ

①メールアドレス登録
②メール受信
③パスワード設定
④基本情報登録
⑤本人確認書類の登録
⑥承認メールの受領
⑦郵送書類受け取り

以上の7つのステップでBitTradeの口座開設は完了します!
申し込みの時期によっては承認までに時間がかかってしまうこともあるので
時間に余裕のあるときに登録を済ませておきましょう!

BitTrade(ビットトレード)の公式サイトからメールアドレスを登録しよう!

BitTradeの公式サイトにアクセスし赤枠の部分にメールアドレスを入力し「アカウント作成」をクリックします。

登録したアドレスに
「【BitTrade】 新規口座開設を申し込み頂きありがとうございます」
というメールが届くので、メールに記載のリンクからパスワードの設定を行います。
利用規約、取引ルール、リスク事項をしっかり確認してから登録を行いましょう!

※メールが届かない場合は迷惑メールフォルダに入っている可能性もあるので確認してみましょう。

 
続いて個人情報の登録です。
あとで提出する本人確認書類(運転免許証など)の記載内容と差異が出ないように気をつけましょう。

また個人情報を入力すると、つぎに「取引の目的」「職業」も入力します。

 
続いて本人確認書類のアップロードです! 
一番面倒なところですがここが終われば、もうすぐなのでもう少しがんばりましょう!

本人確認書類として有効なのは以下の4種類です。

運転免許証
パスポート
住民基本台帳カード
在留カード

いずれも裏表の画像をアップロードする必要があるので気をつけましょう!
またすべての書類は有効期限内、かつ登録の住所と一致している必要があります。

※パスポートで確認を行う場合は、顔写真生年月日が記載されているページ、および、所持人(住所記載)のページのアップロードが必要です。

アップロードが完了すると、通常一営業日以内に審査が完了されます。
審査が完了すると登録情報内の「本人確認書類」のステータスが
「審査中」から「登録」に切り替わり、入力した住所宛に確認書類が郵送されます。
確認書類の受け取りをもって口座開設手続きのすべてが完了です。

お疲れ様でした!
  

手数料 現物取引通貨数 取引ツール
アプリ
セキュリティ レバレッジ
取引
信頼性 総合評価
3.1 3.3 3.1 3.4 3.5 3.4 3.3
平均評価 取引している通貨 総合評価
2位
利用している取引所
2.3企業
取引している通貨数
4.6通貨