GMOコインの特徴と口座開設手順をご紹介!

GMOコインの特徴と口座開設手順をご紹介!

FX年間取引高世界1位を誇るGMOクリック証券も運営するGMOグループの取引所!

ITのノウハウと金融のノウハウを併せ持った上場企業の運営する取引所なので安心の体制です。

もちろん金融庁の認可も取得済みです。
取扱い通貨数もかなり豊富なため幅広く取引を行いたい人におすすめ!

即時入金/出金手数料が無料
他社と比較するとスプレットも狭めなので手数料を抑えてオトクに取引したい人にも一押しです!

✓いまなら口座開設でもれなくビットコインがもらえる!
✓手数料が安めなのでお得に取引ができる!
✓大手企業のグループ会社でセキュリティも安心!

FXでも大手として知られるGMOグループのノウハウをフルに詰め込んだ取引所です。

目次

そもそもGMOコインってどんな取引所?

GMOコインはインターネットサービスを展開するGMOグループが運営しています。

GMOグループの中でも、GMOクリック証券はFX年間取引高が世界1位となっており、FXをやる人なら知らない人はいない超大手の会社です。

長年、証券取引で培われたノウハウはGMOコインにも活かされ、セキュリティーから取引まで安心して利用できる取引所となっています。

GMOコインの評判は?

GMOコインの良い点

良い点①「手数料がとにかく安い!」
GMOコインは他社に比べて手数料が安く、使いやすいようです。取引手数料だけではなく、仮想通貨を送付する際の手数料も無料なのは大きなメリットですね。

良い点②「注文がしやすく使いやすい」
GMOコインでは、他の顧客ではなく、GMOコインと直接やりとりする販売方法なので、注文がわかりやすく簡単にできます。また、取引アプリも使いやすく評判が高いようです。

GMOコインの悪い点

悪い点①「取り扱い通貨が少ない」
GMOコインはビットコイン、イーサリアム、ライトコイン、リップル、ビットコインキャッシュの5種類を取引できます。主要な通貨は取り扱いがありますが、本格的な取引をしたい人にとっては物足りないようです。

悪い点②「レバレッジが低い」
レバレッジは他社と比べて、若干低いようです。しかし、初心者の方にとってはレバレッジが低いほうが安心できるでしょう。こちらも本格的に取引したい方にとっては物足りないようです。

GMOコインの手数料は?

現物取引手数料

無料

入金手数料

無料

出金手数料

無料

GMOコインの各種手数料

GMOコインでは現物取引手数料から入出金手数料までが無料です。これが、GMOコインの評判の良さであり、強みでもありますね。

他社では、入出金手数料がかかる取引所もあります。その点、GMOコインではお得に取引できると言えるでしょう。

GMOコインの公式アプリ「ビットレくん」の使いやすさは?

GMOコインでは「ビットレくん」というアプリが利用できます。このアプリでは現物購入ではなく、FX取引しかできないので、注意しましょう。
ビットレくんでは、常に価格を見ながら注文できます。他にもワンタップで注文できる「スピード注文」など、FX取引をするうえで非常に使いのが特徴です。
チャートツールも単純移動平均線、移動平均線、ボリンジャーバンド、一目均衡表を始めとする多様なテクニカルが利用可能。外出先でも本格的なトレードができます。

GMOコインのスプレッドは狭い?比べてみました

GMOコインとビットフライヤーのスプレッドを比べてみました。スプレッドとは、買うときの価格と売るときの価格の差のことです。
スプレッドは「実質手数料」とも言われており、スプレッドが狭ければ狭いほどお得に購入できます。
今回はビットコインで比べてみました。

取引所名

購入価格

売却価格

スプレッド

GMOコイン

862,256円

842,256円

20,000円

bitFlyer

866,674円

846,112円

20,562円

※価格は2018年4月現在。スプレッドは相場により変動する場合があります。

GMOコインのスプレッドのほうがわずかに狭いですが、両社とも約2万円とほぼ変わりません。
スプレッドの金額2万円からビットコインの購入金額86万円をわると、スプレッドは購入金額に対し2%程度というのがわかります。
スプレッドの比率からすると、他社と比べても決して高い金額ではなく、平均的な価格といえるでしょう。

口座開設手順をみてみよう

さて、ここからはGMOコインの口座を開設したい方へ口座開設手順から取引方法までを一挙に紹介します。
アカウントの登録はとても簡単でメールアドレスを登録するだけで完了します。
アカウント登録したら、そのあとは必要情報の入力と、本人確認書類をアップロードして口座開設が完了します。

公式サイトアクセスから本人確認までの手順紹介

GMOコインの口座開設はとても簡単で4つのステップで完了します。
順を追ってみていきましょう。
①公式サイトから口座開設をクリックしメールアドレスを登録

GMOコインのTOP

GMOコインのホームページから口座開設ができます。

GMOコインメールアドレス入力

②送られてきたメールのリンクをクリック
ここまで入力したら登録したメールアドレスにメールが送られてきます。

次にリンクをクリックし、パスワードを入力してアカウントの登録は完了です。

③必要情報の入力と本人確認
次に「口座開設申込」で必要情報を入力していきます。

GMOコイン個人情報入力

本人確認には「本人確認書類をアップロード」と「受取時に本人確認をする」があります。特別な理由がなければ、素早く作業が完了するアップロードをおすすめします。

本人確認書類アップロード

なお、本人確認に必要な書類は

・運転免許証
・個人番号カード(マイナンバーカード)
・パスポート
・各種健康保険証
・住民票の写し
・在留カード
・特別永住者証明書
・その他の書類

のうち一点です。上記のものが用意できなくてもお問合せフォームから相談できる可能性があるので、一度問い合わせてみるといいでしょう。

本人確認書類の選択

④後日、郵送されてくるハガキを受け取れば口座開設は完了!
本人確認までの入力が終わると、会員ペイジーのステータスが「審査中」になります。そうなれば後は、郵送されてくるハガキを受け取るだけです。

ハガキを受けとって口座開設が完了となるので、注意しましょう。

GMOコイン審査画面

通常は、1日~数営業日で完了とされていますが、混み合う場合は1週間以上かかる場合もあるようです。

なので、口座開設の際は時間に余裕をもって申請するのをおすすめします。

アカウントができたら早速入金してみよう

口座開設が完了したらいよいよ入金です!ホームページから「入出金」の「日本円」をクリックします。

あとは、「即時入金」か「振込入金」を選択するだけです。即時入金には楽天銀行、住信SBIネット銀行、ペイジーが対応しています。対応している銀行をクリックしたら画面の指示に従いましょう。

振り込み入金はクリックすると振り込み先が表示されるので、指定口座に振り込みます。

いよいよ取引!

口座に入金がすめばいよいよ取引です!ここでは現物購入の方法を紹介します。

①ホームから「仮想通貨現物売買」をクリック
「仮想通貨現物売買」をクリックします。

仮想通貨取引画面

②買いたい銘柄を選択し、数量を入力

取引数量の選択

数量は、直接でも下のボタンを使ってでもどちらでも入力可能です。

数量を入力したらどのくらいの金額かが表示されるので、わかりやすいです。また、数量ではなく、金額指定で購入もできます。

GMOコインではこのようにわかりやすい購入方法も大きな特徴です。

GMOコインでのレバレッジ取引のやり方

GMOコインでは現物取引だけではなくFX取引もできます。対応しているのはビットコイン/円に加え、リップル、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、ライトコインです。レバレッジ倍率はビットコインが最大10倍、その他のアルトコインは最大5倍となっています。

また、ここではスワップポイント(レバレッジ手数料)やロスカットルールについてもみていきます。

GMOコインのスワップポイント(レバレッジ手数料)は高い?

FX取引には通常の取引とは別に「スワップポイント」があります。これは、FX取引をする際にかかる手数料です。GMOコインでは「レバレッジ手数料」と呼ばれていますが、2つは同じものです。

スワップポイントとはFX取引で1日以上ポジションを保有する場合にかかる手数料です。

ここでは大手取引所のスワップポイントを比較してみました。

取引所名

スワップポイント/日

GMOコイン

0.04%(レバレッジ手数料)

bitFlyer

0.04%

DMM Bitcoin

0.039%

Zaif

0.04%

スワップポイント比較
 ※各社キャンペーン等は除く

国内の取引所では0.04%が基準となっているようです。GMOコインのスワップピントも平均的といえますね。

GMOコインの注文方法は?

GMOコインでは、成行、指値、逆指値、IFD、OCO、IFOに対応しています。なので、相場によって様々な戦略をとることができます。

また、仕事や外出であまり相場をみられない方も、多くの注文方法があれば安心して取引できるでしょう。

ビットコインの値動きは荒いので、多くの注文方法があるのは大きなメリットですね。

GMOコインでは追証は存在しないの?

GMOコインには追証は存在しません。ロスカットは証拠金が75%を下回ったさいに自動的に執行されます。なので、FX取引も安心して利用できます。

ただし、万が一、損失が証拠金を上回った場合は、「不足金」を入金する必要があるようです。基本的には追証はないですが、相場が急変動した場合は不足した金額をいれる場合もあるという認識でいいでしょう。

GMOコインから通貨を送金してみよう!

GMOコインでは購入した通貨を外部に送ることもできます。

ホームの入出金から「仮想通貨」を選択し、銘柄を選択します。あとは「送付」を選択し、送付先のアドレスと数量を入力すれば送金完了です。

GMOコインでは仮想通貨出金手数料はすべて無料!

GMOコインでは仮想通貨の出金手数料がすべて無料です。なので、他社よりも送金しやすいのは大きな特徴です。

仮想通貨の出金手数料が無料だと、例えば海外取引所への送付や買い物の際の外部ウォレットへの送付のときに大変便利です。

まとめ

GMOコインは東証一部上場企業GMOグループが運営する大手取引所です。

その中でもGMOクリック証券はFX取引高世界1位を誇り、そのノウハウは仮想通貨取引にもいかされています。

また、GMOコインの最大の特徴は手数料の安さでしたね。なので、仮想通貨を始めて取引する人にとっても安心して利用できる取引所となっています。

FX取引では最大10倍のレバレッジ取引が可能。仮想通貨の送付も無料、大手ならではのサービスも充実しています。

まだ口座を開設していない方はこの機会にぜひ、登録してくださいね。